So-net無料ブログ作成

愛知教育大学附属名古屋小学校の進学と中学の内申点 [愛教大附属小学校]

今日は愛知教育大学附属名古屋小学校の

進学について、それから、


附属中学の内申点について書こうと思います。

スポンサードリンク





小学校の進学

愛知教育大学附属名古屋小学校へ入学した

生徒は100%そのまま附属中学へ進学できます。


ただ、一度、他の私立などの中学へ

外部受験をしてしまうと、

中学への内部進学はできなくなってしまいます。


これは、他の附属小学校でも同じなのではと思います。


また、外部受験して、落ちてしまったので、

附属中学に入るために、外部生として、中学受験を

するということもできないようです。



愛知教育大学附属名古屋中学校から附属高校へ

進学する人は殆どおらず、


私立や公立高校へ進学していきます。



内申点について

愛知県は公立王国と言われていますが、

公立の進学校から、難関大学へ進学する人が多く、

私立の高校へ行かなくてもいいと考える親が多いのは

ないかと思います。

公立の進学校へ入ろうと思うのならば、

愛知教育大学附属名古屋中学はちょっと不利なのでは

と個人的に思います。


昔から、附属中で良い内申点を取るのは他の中学に比べて

ハードルが高いと言われています。

愛知県の公立高校は内申点重視なので、

附属で内申を稼ごうと思うと大変かなあと思います。


学校裁量制度を取り入れていても 

内申点が高いほうがいいでしょうから、

附属へ行くメリットはあるかどうか、吟味してほしいと

思います。


これは、知人から聞いたのですが、

最近の附属中学は公立中学と比べ内申点が低めになってしまう

不公平さを除くようにしているとのことですが、

真相はわかりません。通知表の5を大目にだすようになったのか、

受験する際に、高校側が、相対的に点数を多めに見てくれるのか

よくわかりません。

いずれにしても、附属中学での良い内申点を取るのは

今も昔も変わらず難しいでしょう。








スポンサーリンク

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へにほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へにほんブログ村 受験ブログへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。